シミ 消す 化粧水

30代以上のシミ消しに!おすすめの美白化粧水

30代以上のシミ消しに!おすすめの美白化粧水

 

美しく見える女性の肌は、白く透明感がありますよね。

 

しかし、紫外線や加齢によって肌はくすんだりシミが出来たりと、理想の状態を維持するのはどんどん難しくなります。

 

そんな時に使いたいのが、美白化粧水!

 

目次

  1. 30代以上になるとシミができやすくなる理由
  2. 化粧品でケア出来るシミ・出来ないシミ
  3. 他の美白化粧品と比較して、美白化粧水を使うメリット、デメリット
  4. 30代以上が美白化粧水を選ぶポイントは2つ
  5. 美白化粧水の口コミ人気ランキングはこれ!
  6. 美白化粧水の効果
  7. 美白化粧水を使う際の注意点

 

30代以上になるとシミができやすくなる理由

紫外線ケアなど、20代と同じようにしているのに、30代になると、どうしてシミができやすくなるのでしょうか。

 

その代表的な原因は、“肌のターンオーバーの乱れ”です。

 

肌は何歳になっても、生まれ変わる“ターンオーバー”を繰り返しています。ただその周期が、20代までは28日前後で行われるのに対し、30代ごろから、徐々に遅れ始め、30〜40代では、その1.5倍の45日前後もかかると考えられています。

 

30代になると、肌の内部で生まれたシミの元となる「メラニン」の排出に時間がかかるようになり、その結果、排出しきれない「メラニン」がどんどんたまって「シミ」ができやすくなるというわけです。

 

そんな肌のターンオーバーの乱れでできたシミは、肌のターンオーバーを改善に導いて、シミの元となるメラニンの排出を促せば、徐々にですが薄くなっていきます。

 

その対策の1つとなるのが、美白化粧水などの美白化粧品です。

 

化粧品でケア出来るシミ・出来ないシミ

美白化粧品でケアできるシミとできないシミについて、代表的なものをまとめてみました。

 

老人性色素斑:薄茶色〜黒 丸いシミ

30代以上のシミ消しに!おすすめの美白化粧水

加齢とともに増える代表的なシミ。初期の段階であれば、美白化粧品による対応◎。


肝斑:薄茶色〜褐色 左右対称のシミ、境目がはっきりしないシミ

30代以上のシミ消しに!おすすめの美白化粧水

妊娠や出産、経口避妊薬、更年期などホルモンバランスの乱れとの関係があるシミ。美白化粧品による対応◎。


炎症後色素沈着

30代以上のシミ消しに!おすすめの美白化粧水

虫刺され、傷跡、ニキビ跡などがシミとして残ったもの。美白化粧品による対応◎。


そばかす:薄茶色〜褐色 細かい点状のシミ

30代以上のシミ消しに!おすすめの美白化粧水

遺伝的な要素でできる。美白化粧品による対応△


30代以上のシミ消しに!おすすめの美白化粧水

濃くなる・増えることは防ぐのは◎。


 

他の美白化粧品と比較して、美白化粧水を使うメリット

  1. 洗顔直後の肌に使えるので、美白成分を取り入れやすい
  2. 普段の化粧水を美白成分を配合したものに変えるだけなので手間がかからない
  3. 日焼けした後の肌に使うと、鎮静効果があり素早い美白ケアができる
  4. 透明感をもたらす力が強い

 

美白成分を取り入れるのは、化粧水だけでなく美容液、クリーム等でももちろん可能です。化粧水を使うメリットは、洗顔直後の綺麗な肌に美白成分を与えられること。

 

いつもの化粧水を美白成分入りのものに変えるだけなので、簡単ですよね。また、透明感を大きく左右するのは、肌のキメ。

 

このキメを整えるのに、美白化粧水は大きな働きをします。

 

他の美白化粧品と比較して、美白化粧水を使うデメリット

  • シミを消す力は弱い

 

化粧品アイテムの中で、シミを薄くするなど変化をもたらすのは、美容液やクリームです。特に美容液は濃度が高くシミのような集中美容におすすめです。

 

化粧水で肌の透明感をキープ&シミを予防し、美容液やクリームで集中ケアをすると良いですね。

 

30代以上が美白化粧水を選ぶポイントは2つ

美白に重要なのは美白成分の他、保湿効果が高く、浸透力もあることです。

 

保湿効果の高いものを選ぶ

 

理由は潤いが足りないと美白成分も効きにくくなるからです。

 

潤いが足りて、水分が逃げやすい肌になって初めて、美白成分も効果を発揮しやすくなります。

 

浸透力にも注目する

化粧水自体は、他のクリームや美容液に比べて、肌の深くまで浸透させる必要がありません。

 

ただ、化粧水が効果を発揮しやすい浅い箇所に的確に浸透し、かつそこでとどまらせる必要があります。

 

30代以上のシミ、くすみ対策には、浸透技術のある美白化粧水がおすすめです。当サイトのランキングの上位(1〜3位)は特に浸透技術に優れているので、選ぶ際の参考にしてくださいね。

 

当サイトの美白化粧水の評価・比較項目

  1. シミケア
  2. 浸透力
  3. 保湿
  4. 低刺激

以上4項目で評価、比較しています。


透明感のある肌へ!美白化粧水の口コミ人気ランキングはこれ!


 
ビーグレンホワイトケア

即効性を求めたい方に!

シミケア 浸透力 保湿 低刺激

17時間潤い続ける美白化粧水
浸透力が高いから効果も高い
365日返金保証があり安心して使える

ビーグレンの美白化粧水は新型ビタミンC誘導体が使用されており、即効性が高い作りです。このビタミンC誘導体は保湿成分セラミドを作るので、保湿対策も万全!さらにこの美白化粧水を含めたビーグレンホワイトケアは、クリームに美白成分として有名なハイドロキノンを使ったシリーズです。一般的な薬用美白化粧品がメラニンの生成を抑えることでシミやそばかすを防ぐのに対して、ハイドロキノンの特徴は紫外線をブロックするのはもちろん、肌の奥のトラブルの原因に直接働きかけること。そのため、できてしまったシミなどにも効果を期待できます。しかも、ビーグレンホワイトケアは、独自の技術であるキューソームを使ってハイドロキノンが肌の奥まで浸透することを可能にしました。化粧水だけでなく洗顔料や美容液、夜用クリーム、モイスチャークリームなどシリーズ展開しているので、総合的なケアをすることが可能です。全製品365日の返金保証があり。もちろんトライアルセットにも返金保証がつくので、それから試してみるとよいでしょう。

ビーグレンホワイトケアを見る
 

ビーグレンホワイトケアの口コミ

 

日焼けには気を付けていたつもりなのですが、気が付くとシミがぽつぽつできていて気になっていました。ビーグレンホワイトケアをシリーズで使い始めてしばらくたつのですが、シミが薄くなってきただけでなく、肌の色が全体的に明るくなったような気がします。これまで何を使っても、シミはあまりきれいにならなかったので、とてもうれしいですね。つけ心地や化粧乗りもよいので使いやすく、保湿効果も高いように感じます。乾燥が気になる年齢にもなっているので、これは手放せません。

 
アスタリフトホワイト

肌に優しい美白ケア+ハリやシワにも!

シミケア 浸透力 保湿 低刺激

紫外線に当たる機会が多い人でも安心の抗酸化力
美白+ハリ、とエイジングケアをしたい人に抜群
乾燥肌でも使いやすい保湿力

老化の原因「酸化」を徹底的に防ぐエイジングケアも兼ねた美白化粧水。使用感は美白化粧水とは思えないほどマイルドで、日焼けしてヒリヒリした肌にも使いやすいです。写真のフィルムなどのメーカーとして長年培った高い技術力を生かしてフジフィルムが世に送り出した化粧品シリーズがアスタリフト。アンチエイジングで知られるアスタリフトですが、アスタリフトホワイトはさらに美白有効成分としてアルプチンやビタミンC誘導体を配合しており、医薬部外品として販売されています。もちろんアスタリフトの赤い色の元となっているアスタキサンチンや、ツボ草木酢といった抗酸化物質や保湿成分もしっかり配合されているので、白く若々しい素肌を保ちたいエイジングケア目的の人には最適の化粧水だといえるでしょう。5日間使用できるトライアルキットも販売されているので、まずは試してみるのがおすすめ。化粧水のほかに、先行美容液、美白美容液や美白クリームなどもそろっているので、シリーズで使うのもよいでしょう。

アスタリフトホワイトを見る
 

アスタリフトホワイトの口コミ

 

数か月前からずっと使っています。つけるととてもしっとりして、肌の調子がよくなるのがいいですね。肌の奥までスッと浸透していくのがよくわかります。美白化粧品は保湿の面で不満に思うことも多かったのですが、アスタリフトホワイトのシリーズは、保湿と美白の両面で信頼できるのでとても気に入っています。美白効果か、肌の透明感が増したような気がしますし、何より使い始めてから新しいシミなどに悩まされていないので、これからも使い続けるつもりです。

 
ファンケル無添加ホワイトニング

シミケア 浸透力 保湿 低刺激

無添加で、肌荒れ・ニキビがある人でも使いやすい
敏感肌の美白に最適
トライアルが1か月分でたっぷり試せる

ファンケルのホワイトニングシリーズは、無添加で美容成分が浸透する際に邪魔するものがなく、美白効果が出やすいという研究結果がでています。メラノブライトと白ブドウ発酵エキスの配合によって肌に蓄積されたメラニンの排出をサポート、さらに劣化しやすいビタミンCを独自の技術で美白効果の高いアクティブビタミンCにすることで、シミやくすみのない透明感のある肌に導きます。また、紫外線などによって発生するシミの原因物質MIFを抑制し、メラニンを作らせないことでシミをしっかり予防します。また、肌ストレスを与えないために防腐剤や香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤などの添加物を使わず、肌本来の美しさをキープ。敏感肌でも安心して使える無添加美白化粧品です。トライアルキットが1ヵ月ぶんとたっぷり試せるので、効果を実感してから利用できるのも便利なところでしょう。

ファンケル無添加ホワイトニングを見る
 

ファンケル無添加ホワイトニングの口コミ

 

もともとファンケルは使っていたのですが、なんとなく肌が全体的にくすんでいるような、シミができかけているような気がしてホワイトニングシリーズに変えました。ホワイトニングとはいっても保湿力もしっかりしていて、付けたときの潤った感じは十分だし、使い続けるうちにくすみがなくなってきているようでとても気に入っています。べたついた感じもしないので、スキンケア後のメイクもやりやすく、周りの人にも肌が明るくなったと好評です。

 
ホワイトニングリフトケアジェル

シミケア 浸透力 保湿 低刺激

オールインワン1つでシミもたるみもケアできる
製薬会社のオールインワンで信頼性が高い

シミウスのホワイトニングリフトケアジェルは、1つで化粧水や美容液、乳液やクリームだけでなく、アイクリームやマッサージ、パック、さらに保湿に美白、そして化粧下地の10役をこなす医薬部外品のオールインワンジェルです。薬用美白成分として、プラセンタを高濃度で配合しており、マッサージ効果のあるジェルと美白有効成分を含んだジェルの2層構造にすることで、付けた瞬間にぐんぐん美白有効成分が吸収されるのに、表面はしっかりマッサージができる一石二鳥のジェルとなりました。リピート率93%以上、各種ランキングサイトや口コミサイトでも上位にランキングされており、医学雑誌にも掲載されるなど、高く評価をされています。いつでも解約できるお試しコースが便利です。

ホワイトニングリフトケアジェルを見る
 

ホワイトニングリフトケアジェルの口コミ

 

オールインワンジェルは便利だけどそれなりだと思っていましたが、これは本当に肌の潤う感じが全く違いました。マッサージをするのもよいみたいで、時間がなかったり忙しかったりで適当にマッサージを済ませる日と、じっくりマッサージをする日では、翌日の肌の感じが全く違います。しかも、オールインワンなのに美白効果が高くて、使い続けるうちに肌が明るく白くなったように感じるのも嬉しいですね。毎月ちょうど使い切れるサイズなので、定期コースにしてよかったです。

 
サエル

シミケア 浸透力 保湿 低刺激

敏感肌専門ブランドの美白ラインなので肌が弱い人でも安心
高保湿!乾燥肌が使いやすい美白ライン

ディセンシアのサエルは、敏感肌専用の美白化粧品です。敏感肌はどうしても肌バリアが弱いため外部からの刺激を受けやすく、シミや色素沈着ができやすくなります。進行が早いため美白ケアをしてもなかなか美白効果を実感することが難しいのですが、サエルは敏感肌専用ですから、まずは肌のバリア機能をアップして外からの刺激をしっかりブロック。さらに肌の状態を整えてメラニンの生成をおさえながら、できてしまったメラニンを減らして白く透明感のある素肌にしていきます。さらに、アルプチンとデイリリー花発酵液の相乗効果によってメラニンの生成をさらに抑制し、しみに強力にアプローチを行います。10日間のトライアルキットがあるので、肌に合うかチェックしてから使えるのも便利です。

サエルを見る
 

サエルの口コミ

 

薄いしみがいくつかできているのが気になっていたのですが、敏感肌で普通の美白化粧品はヒリヒリするので使うことができませんし、敏感肌用のものでは美白効果があまり期待できなくて困っていました。同じような敏感肌の友達に勧められてサエルを使ってみたのですが、これは本当にいいですね。美白はもちろんですが、肌の調子がとても良いので、保湿効果だけでもすごいと思います。すぐにはシミがなくなったりはしませんが、ちょっと顔色が明るくなったような気もするので、これからも使い続けたいです。

ビーグレンホワイトケアがおすすめの理由

ビーグレンホワイトケア

即効性を求めたい方におすすめ!

シミケア 浸透力 保湿 低刺激

17時間潤い続ける美白化粧水
浸透力が高いから効果も高い
365日返金保証があり安心して使える

やはりおすすめは第1位のビーグレンホワイトケアでしょう。美白と保湿の両者とも効果が高い化粧水は、美白が効きにくくなった30代以上からの人気があります。<さらにクリームにb>ハイドロキノンを高濃度で配合しているというのは、美白化粧品としては非常に魅力的です。通常の美白化粧品はシミやそばかすを防ぎ、ターンオーバーを促して徐々に白くする、というものですが、ハイドロキノンは、メラニンに直接働きかけることで出来てしまったシミにも効果が期待できるというのがポイント。しかも、ビーグレンはこれまで肌に浸透しづらかったり、刺激が強くて高濃度で配合しにくいといったハイドロキノンのデメリットを独自の技術であるキューソームでクリア。肌の奥までしっかり届けてメラニンに働きかけます。

ビーグレンを開発したブライアン博士が妻のために肌にしっかり浸透する化粧品を研究して製品を生み出したという話は有名でしょう。実際に使用した人の評価も非常に高く、リピート率が高い上に初回の利用に納得できなければ365日間の返金保証がありますから、まずは気楽に使ってみることができるのではないでしょうか。

ビーグレンホワイトケアを見る

 

美白化粧水の効果について

美白化粧水に配合される成分。違いは?

化粧水は、たいてい洗顔後、最初に肌に塗布するものなので、ここで“美白成分が配合されている化粧水を使うことは、とても効果的と考えられています。美白に効果が高いとされる美白成分をご紹介しましょう。

 

ビタミンC誘導体

メラニンを薄くする(還元作用)、メラニンの生成を抑制、シミやくすみを生む活性酸素を抑制する抗酸化作用など

 

アルブチン

肌の漂白剤といわれる「ハイドロキノン」という成分の刺激を弱めた成分。メラニンの生成を抑制、メラニン排除をサポートする働きなど

 

プラセンタ(エキス)

新陳代謝(ターンオーバー)の促進、血行促進、保湿効果など

 

トラネキサム酸

肝斑の改善効果、抗炎症作用など

 

その他、エラグ酸、コウジ酸、リノール酸、カモミラET(カミツレエキス)なども、美白への効果が期待できる成分です。

 

美白成分は医薬部外品が良いの?

 

医薬部外品(薬用化粧品ともいう)とは、医師に処方してもらわなければ入手できない「医薬品」と、誰もが購入できる「化粧品」との間に存在するもので、厚生労働省が一定の効果を認めた成分が配合されている化粧品のことをいいます。

 

美白化粧水を探す際には、これらの成分が配合されていることを1つの目安にすると良いでしょう。

 

医薬部外品の代表的な成分

 

美白系成分
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • プラセンタ(エキス)
  • トラネキサム酸 など

 

抗炎症成分
  • グリチルリチン酸2K
  • カンゾウ根エキス
  • アラントイン  など

 

これらの成分は効果があるだけに、その配合量の上限について、かなり厳しく定められています。

 

ですから、A社の医薬部外品の美白化粧水には、ビタミンC誘導体が3%しか配合されていないのに、B社の医薬部外品ではない普通の美白化粧水の方には12%も配合されているという逆転現象のようなことが起こることも…。

 

“医薬部外品”にこだわりすぎず、自分が求める有効成分が配合されているか、その配合量はどれくらいか、といった視点を加えて上手に選んでいくのがポイントです。

 

シミに化粧水はどこまで効くの?

 

では実際に、美白化粧水がどこまでのシミに対応できるのでしょうか。

 

シミの予防

30代以上のシミ消しに!おすすめの美白化粧水

厚生労働省も認めている効果です。「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ」という働きをいいます。

 

できたてのシミ

30代以上のシミ消しに!おすすめの美白化粧水

できたてのシミであれば、美白化粧品の使用によって、白く変わっていく実感を得られます。ただし、新たなメラニンが作られ、シミが悪化しないよう、徹底した紫外線対策は必須です。

 

古いシミ・濃くなったシミ

30代以上のシミ消しに!おすすめの美白化粧水

何年にもわたるシミ、褐色〜黒色にまで濃くなったシミに関しては、美白化粧水だけは難しいとされています。その他の美白クリームとの併用で、じっくり時間をかけて薄くしていきましょう。

 

肝斑に悩んでいる場合は、どんな化粧水を使えばよい?

医薬部外品にあたる「トラネキサム酸」という成分は、肝斑改善の効果が認められている成分です。その他、老人性色素斑などシミ全般に有効とされる美白成分の化粧水を選びましょう。

 

トラネキサム酸

肝斑改善の効果が認められた成分。肝斑の原因となるメラニンの生成を抑制します。

 

アルブチン

老人性色素斑などシミ全般に有効な美白成分。メラニンの生成を抑制し、新しいシミができたり、シミが濃くなるのを防ぎます。

 

ビタミンC誘導体

シミの還元作用(シミを薄くする働き)があります。メラニン生成を抑制して色素沈着を予防する働きもあります。

 

ニキビ跡のシミに悩んでいる場合は、どんな化粧水を使えば良い?

 

ニキビ跡のシミは「炎症後色素沈着」と呼ばれているシミです。肌の代謝を高め、炎症を抑えるような成分を選びましょう。

 

ビタミンC誘導体

シミの還元作用(メラニンを薄くする作用)や皮脂の過剰生成を抑える働きもあります。また、高い抗酸化作用で肌内部の炎症を抑えます。

 

プラセンタエキス

肌の代謝を高め、色素沈着を抑制する作用があります。

 

グリチルリチン酸2K

抗炎症作用が高く、ニキビの炎症やニキビ後の肌荒れを整える作用があります。

 

日焼けしてしまった場合、どんな美白化粧水を選べばよい?

 

うっかり日焼けしてしまったら、早めの対策が必要です。上手な日焼け後対策で、傷んだ肌をケアしてあげましょう。

 

日焼けした夜〜2・3日後まで

おすすめ成分:プラセンタ、グリチルリチン酸2Kなど
マイルドな美白成分もしくは抗炎症作用のある成分配合の化粧水を、いつもより多めに、肌に塗布し、まずは、炎症を抑えましょう。

 

注意点:化粧水に含まれる「パラペン」「エタノール」といった添加物、いくつもの化粧品を塗布する行為自体が日焼け後の肌への刺激になることも…。無添加系のオールインワンジェルなどによるケアもおすすめです!

 

日焼け後2・3日以降〜

おすすめ成分:ビタミンC誘導体、アルブチンなど
日焼けによる炎症(ヒリヒリ感や赤み)が落ち着いてきたら、本格的な美白ケアを始めましょう。肌の還元作用(シミを白くしていく作用)、メラニンを除去する作用が高い美白成分がおすすめです。

 

注意点:美白マスクなどでじっくりケアするのもおすすめです。また肌のバリア機能も低下しているため、保湿効果が高いオールインワンジェルやクリームを併用すると相乗効果が高いでしょう。成分は、セラミド、ヒアルロン酸、グリセリン、スクワランなどがおすすめです。

 

美白化粧水を使う際の注意点

 

どんなに優れた良質な化粧品、敏感肌用化粧品であっても、自分の肌には合わないケースがあります。

 

  • 肌に赤みが出る
  • 肌にぶつぶつができる
  • かゆみがある
  • ヒリヒリする

といった症状が出たら、一旦、使用を休みましょう。

 

生理期間中、生理前後、経口避妊薬服用中、妊娠中、出産前後、ストレスが多いとき、疲れているときなどは、普段より肌が敏感になり、肌荒れや副作用が出やすくなります。

 

はじめての化粧品を使う際は、できれば、上記のようなときを避けると安心。どうしても試したいときは、腕の内側に1〜2滴塗布して、赤みなどの副作用が出ないことを確認してから使用しましょう。塗布後、24時間は様子をみると安心です。

 

透明感のある肌をキープするために、自分でできること

美白化粧水で、きれいな肌に変わったとしても、シミができたときと同じケアでは、また、シミやくすみができてしまいます。美しい透明感のある肌をキープするために、おすすめのケア方法をご紹介します。

 

1. 紫外線対策の徹底

新しいメラニンが作られ続ければ、シミが薄くなることは決してありません!曇りの日も、冬の日も、1年通して、日焼け止め効果のある下地(室内メインの日常生活であれば、SPF30 ++以上)で、しっかりケアしましょう。

 

2. 保湿力を高める

ツヤめく透明感のある肌というのは、肌内部がたっぷりの水分で潤っている肌のことです。セラミド、ヒアルロン酸、グリセリン、スクワランといった保湿効果が高い成分の美容液やクリームも併用して、肌の潤いを守りましょう。

 

3. 正しい洗顔で肌を守る

メイクが落ち切らないと、肌はどんどんくすんでしまいます。かといって、強すぎるメイク落としやシートタイプのメイク落としでゴシゴシ洗い過ぎれば、その刺激がシミの原因となります。しっかり泡立てた洗顔料で優しく丁寧に洗いましょう。

 

自分の肌にあった美白化粧水を見つけて、美しい肌を取り戻しましょう。

 

シミを消す効果が高い美白化粧水はこれ!

鏡を見ていて気になる、肌にできてしまったシミ…「このシミは消すことができるの?」と悩んでいる女性はとても多いものです。そこで今回は、シミを消す目的のスキンケアに使える口コミで評判の化粧水についてまとめてみました。さまざまな世代の助成からの支持が高い美白化粧水には「ディセンシア サエル ホワイトニングローション クリアリスト」があります。美白成分としてビタミンC誘導体、エスクレシド、白様雪を配合し、シミやくすみ・そばかす対策はもちろん、肌のキメを整えてハリをアップする効果も期待できるのが特徴です。

肌への優しさを重視して作られているため、他の美白化粧水は肌への相性が悪かった…と感じる敏感肌や乾燥肌の女性にも一度試していただきたい美白化粧水です。発売後に大きな話題となり、実際の効果の高さからも人気が高い富士フィルム「アスタリフト ホワイトブライトローション」は、他の美白化粧水にはない赤い色が特徴の製品です。この赤い色の正体はアスタリフトライン全体の特徴でもあるアスタキサンチンで、この成分は高い抗酸化力を持つため肌の細胞が錆びつくのを防いでみずみずしい印象に保ちます。

美白成分としてアルブチンを配合し、肌をしっとりと保ちハリをアップさせるためにグリチルリチン酸ジカリウムも加えています。美白ケアはもちろん、総合的な肌のエイジングケアを望む女性に選ばれている化粧水です。肌の角質層に染みわたる美白効果を望むなら、ビーグレン「QuSomeローション」がおすすめです。

ビタミンC誘導体のなかでも最新の研究による高い効果を発揮するタイプを配合し、保湿成分であるセラミドとともに肌のみずみずしさ、キメの細かさ、輝く白さを実現するための効果的なスキンケアを可能とします。角質層を整えて肌を耕す効果があるので、QuSomeローションを使用したあとの美容アイテムの使用とも相性が良いのが特徴です。美白ケアに高い浸透力と他のアイテムとの相性の良さ、しっとりとなじむ使い心地の良さの全てを望む女性にぜひ試していただきたい化粧水です。

このように美白化粧水にはさまざまなタイプがあり、それぞれの特徴を確認しながら自分のスキンケア法との相性などを参考に選ぶのがおすすめです。効果的な美白の条件は「ケアをコツコツと続けること」なので、普段のケアとの相性の良さやスキンケアの好みの傾向を明確にすることは大きなポイントとなります。自分に合った美白化粧水を上手に選んで、美しく輝く白肌を手に入れましょう。

シミを消す化粧水って本当にあるの?

美白化粧水というと、シミを消す効果があると思われがちですが、実は美白化粧水には2つのタイプがあります。まず、シミの元となるメラニンの増殖を抑えてシミを予防するタイプと、既にできてしまったシミを薄くして、肌の色を元に戻すタイプに分けられます。シミを消すイメージのある美白化粧水というには、シミを予防する成分しか含まれていない場合が多いので注意が必要です。シミを消す効果が高いと言われている美白化粧水には、シミを形成しているメラニンを分解排出し、シミを薄くする美白成分と保湿成分がしっかり含まれているものだと言えます。

美白になぜ保湿が関係あるのか?と不思議に思う方も多いでしょうが、シミは元は紫外線の刺激により、肌の内部でメラニンが生成されることによりできます。つまり外部刺激に肌が負けてしまうことが原因とされるため、外部刺激から肌を守るバリア機能を強化することでシミを予防ができると考えられるのです。バリア機能を強化するには、肌の内側の肌細胞をしっかり水分で満たすことが必要となるため、シミを消して新たに作らせないためには肌の保湿が重要となるのです。

できたシミを消す効果のある美白成分には、ハイドロキノンやビタミンC誘導体、リノール酸、4MSKなどが挙げられます。更にシミ予防成分としては、アルブチンやプラセンタエキス、トラネキサム酸などがあります。シミを消す有効成分には、シミに蓄積しているメラニンを肌のターンオーバーによって外へ排出させるものと、メラニン色素自体に作用して黒い色素を徐々に薄くするものに分けることができます。

そして美白に欠かせない保湿成分としては、高い潤い力を誇るのがセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどです。特にセラミドは高い保水力を持っているので、一度肌に浸透すると乾燥しにくいという特徴があります。また、シミを消す効果が高い化粧水であっても、ハイドロキノンなどの美白成分を含んでいると肌への刺激が多少はあるため、敏感肌の方だと肌荒れを起こす場合もあり得ます。

また使い心地も人によって感じた方が異なるため、実際に肌につけてみて実感しないと正直なところは分からないかもしれません。いきなりレギュラーサイズを買うと、肌に合わない時にムダになってしまうので、気になるシミ対策化粧水があればいくつかトライアルセットを購入して、1週間から10日程実際に使ってみましょう。使用した上で、自分の肌に合う使い心地のよいものを継続していくのが良い方法だと言えます。

シミを消す化粧水と言えば、製薬会社の技術を駆使したブライトエイジもおすすめ

今すぐこのシミを消したいと思うのであれば、第一三共ヘルスケアが開発したブライトエイジもおすすめです。毎日子育てや仕事に忙しく、シミ対策ができない人や、最近年齢を重ねてきてハリや弾力が無くなってきたと悩んでいる人から大絶賛されている化粧品です。忙しい毎日を送っていると、ついつい自分のことが後回しになってしまうので、毎日のお手入れが億劫になってしまいがちですが、ブライトエイジは乳液と化粧水だけでのケアで十分にシミを消すことができますし、使い続けることで、肌本来が持つハリや弾力を取り戻すことができます。シミ対策だけでなく、美白・ハリ・高保湿の三つを叶えることができる全方向エイジングケアとして、30代以上の女性から沢山の支持を集めています。

美白効果が高い成分として、ビタミンC誘導体やアルブチン、ルシノール、トラネキサム酸がありますが、ブライトエイジの化粧水にはトラネキサム酸が使われています。加齢や不規則な生活などによる内的要因や、紫外線、ほこりなどの外的要因のせいで、炎症性物質が発生し、これがシミやたるみ、くすみなどのお肌トラブルを発生させるのですが、ブライトエイジの化粧水ではトラネキサム酸を核とした複合成分をお肌に浸透させることによって、炎症性物質をブロックするので、シミを消すことができるだけでなく、乾燥やくすみを防いでくれるのです。さらにハリ感がアップするようにコラーゲンとマリンエラスチンが配合されているので、ブライトエイジの化粧水を使用していくと、お肌に潤いが戻り、ハリを感じることができるようになります。

どんな美白成分や保湿成分が含まれていても、それがお肌の奥に浸透しなければシミを消すどころか、何も効果がありません。しかしそこは製薬会社が開発した化粧水なので、独自開発した技術で、有効成分がお肌の奥まで浸透するようにしています。ブライトエイジには美容液と乳液を一緒にした乳液状美容液もあり、これには水と油のミルフィーユ状の構造に美容成分を包み込ませたものをナノサイズ化し、そして届いた潤い成分が逃げ出さないよう、3Dストレッチネットでお肌の表面を保護してピンと引っ張ることができる技術が使われています。

化粧水と合わせて、この乳液状美容液もラインで使ってみると、シミを消す効果や高保湿、ハリ感アップの効果をさらに引き出すことができますから、使ってみると良いでしょう。公式サイトではお得なトライアルセットがありますから、まずはお試ししてみてください。
このページの先頭へ