シミ 消す 50代

50代のシミは外(化粧品)と中(薬)で対策したい理由

 

50代になると様々な肌トラブルに悩まされるものですが、一番何とかしたいと考えているのはシミです。50代のシミは若い頃にできるシミとは種類が違い、老人性色素斑というシミがほとんどです。老人性色素斑は、加齢によって肌の保水力、皮脂の分泌量が減り、肌のターンオーバーが乱れることでできるシミです。20代では28日前後であるターンオーバーが、50代では40日前後になってしまいます。そのため、紫外線を浴びたことで生成されたメラニンがスムーズに排出されなくなり、濃いシミができてしまいます。50代のシミを消すには美白化粧品などでのお手入れだけでは難しく、シミを消す薬を併用して使うことをおすすめします。化粧品だけのお手入れではターンオーバーの日数から考えてもシミが消えるということは考えにくいです。50代になると、保湿効果のある美白化粧品で外側から、内服薬で内側からシミ対策を行うことをおすすめします。市販のシミ治療薬には、良い効果が期待できるものがあります。

 

普段使いの化粧水をビタミンC誘導体入りにした方が良い理由

 

シミにはビタミンCが良いのは有名ですが、実はビタミンCは壊れやすく不安定なので化粧品に配合してもなかなか効果が発揮できないものでした。また、ビタミンCを直接肌につけても浸透しにくいこともわかっています。そんな壊れやすいビタミンCを人工的に改良して皮膚に浸透しやすくしたのがビタミンC誘導体という成分です。化粧水には水溶性のビタミンC誘導体を、クリームには脂溶性のものを配合するようにしています。シミを何とかしたいと思っている50代の人は、普段使いの化粧水をビタミンC誘導体入りのものを選ぶと効果的です。化粧水の成分を確認してみて、ビタミンCと記載してあっても、それはほとんど肌に浸透しないと考えた方が良いです。ビタミンCを誘導体にしたものは皮膚への浸透力が高く、皮膚に浸透してから内側でビタミンCに変化する特徴があるからです。肌の内部まで浸透したビタミンCはシミにピンポイントで働きかけます。肌の真皮でコラーゲンの生成にも働きかけるので、シミだけでなくシワやたるみにも効果的です。ビタミンC誘導体は、年齢肌に悩む50代にはぴったりの成分ですから、普段使いの化粧水はぜひともビタミンC誘導体配合のものを使ってみましょう。

 

シミ消しクリームにはハイドロキノンがおすすめの理由

 

ハイドロキノンはシミの漂白剤と言われるほどの成分で、ハイドロキノンを使ったクリームはシミを消す効果が高いので注目されています。ハイドロキノンの美白効果はビタミンCやコウジ酸、アルブチンと比べると約10倍から100倍となっています。メラノサイトそのものを減らして、還元作用によりメラニンの色を薄くし、黒色メラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑制する効果があります。ハイドロキノンがよく効くシミは、老人性色素斑、そばかす、炎症性色素沈着、肝斑なので、50代で多いとされる老人性色素斑にはおすすめです。ハイドロキノンの配合されたクリームは市販されているので購入することができます。初めて使う場合はハイドロキノンの配合率が1%から3%くらいのものを選ぶと肌にも優しいので安心です。即効性を望むのであれば4%から5%のものが良いのですが、人によっては肌が赤くなったりひりひりしたりするので注意しましょう。配合率が高いものを使う時は、パッチテストをしてからの方が安心です。ハイドロキノンのクリームを使っていると肌が乾燥しやすくなるので、保湿もしっかり行うようにすることが大切です。

 

50代のシミ消しにおすすめの化粧品:ビーグレン ホワイトケア

 

化粧品でシミを消すことができないかなと思っている50代の女性はかなり多いと考えられます。美容外科でレーザー治療をするとなると費用もかかりますので家でのお手入れで何とかしたいと思うものです。そんな人におすすめなのがビーグレンのホワイトケアです。今までいろんな美白化粧品を使ってみたけれど効果がない、またシミが増えたような気がする、いつもコンシーラーで隠しているという人に使って欲しい化粧品です。ハイドロキノンを独自の方法で浸透しやすくし、より効果的にシミを消していきます。ホワイトケアには洗顔料、化粧水、美容液、夜用クリーム、クリームの順に使うと効果的で、化粧水にはビタミンC誘導体、夜用クリームにはハイドロキノンを配合しているのでシミ消しにはぴったりの化粧品です。年齢を問わず使えますので、50代の人でも安心して使えます。1週間試せるトライアルセットが販売されているので、本気でシミを消したい人は試してみると良いでしょう。きっと効果に満足できます。

 

シミ消しにおすすめの薬:ホワイピュア

 

50代になると、外側からだけのケアではなく内側からのケアもした方がより効果的にシミを消すことができます。シミ治療薬にはいろいろありますが、ここでおすすめするのがホワイピュアという薬です。サプリメントとは違い、医薬品ですから良い効果が期待できます。メラニンの過剰な生成を抑えて排出させるL-システイン、メラニンの生成を抑え、コラーゲンの生成やビタミンEのサポートをするビタミンC、皮膚や細胞の新陳代謝を促すビタミンB2、肌の健康を保ち皮膚の代謝を促すビタミンB6、紫外線の防御とメラニンの沈着を抑制するビタミンEを配合したシミの薬です。年齢と共に遅れがちになっている肌のターンオーバーを促し、メラニンを排出させて健やかな肌へ導いてくれます。体の中からケアするため、顔だけでなく首や背中、手の甲などのシミにも効果を発揮します。ただし、医薬品と言っても無理やりシミを消すものではなく、ターンオーバーを促して自然にメラニンを排出させるものですから効果が現れるまでには時間がかかります。数日飲んだだけで効果が出るものではありませんのでその点は理解しておきましょう。目安としては2か月から3か月くらいで効果を実感するものですから、最低でもこのくらいの期間は続けて飲むことをおすすめします。

 

page top