目の下 シミ 消す 

目の下にシミが出来やすい原因

 

顔にできるシミに悩まされている女性は多いですが、特に目の下あたりに出来るシミを何とかしたいとあれこれ対策を考えている人が多いです。シミの原因は紫外線が最も大きいのですが、目の下は意外と紫外線が当たりやすい場所で、知らないうちに紫外線の影響を受けていたと考えられます。目元は触ってみてわかるように皮膚がとても薄い場所です。そのため外側からの刺激を受けやすくなります。日焼け止めクリームをしっかり塗っていると思っていても、目の下まではきちんと塗れていないことがあり、シミが出来やすくなります。また、メイクの時やメイクを落とす時、洗顔の時などに摩擦や圧迫などの刺激を受ける場所です。刺激によってもメラニンが発生し、シミの原因となるのでクレンジングや洗顔、タオルでごしごし拭き取る、マッサージなどは優しくすることが大切です。また、目の下のシミは肝斑という種類のシミである可能性があります。このシミは紫外線や外部からの刺激だけでなく、女性ホルモンのバランスが崩れることが原因です。睡眠不足やストレス、食生活の乱れなどからホルモンバランスが崩れる場合があるので規則正しい生活を送ることも大切です。

 

目の下のシミを消す方法

 

では、この目の下のシミを消す方法はあるのでしょうか。早急に何とかしたいと考えるなら美容皮膚科などのクリニックを受診するのも良い方法です。シミの種類によって治療法は様々ありますので、医師と相談しながら決められます。しかし、費用もかかるためできれば自宅でセルフケアが良いという人が多いでしょう。セルフケアでももちろん目の下のシミはケアできます。毎日の洗顔は優しく泡で洗うようにすること、質の良い睡眠を取ることも大切です。肌のターンオーバーを正常にするためには、質の良い睡眠が必要だからです。ターンオーバーが正常になれば溜まったメラニンが排出され、シミが出来にくくなりますし、出来ているシミ自体も薄くなります。お手入れする化粧品は、美白成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。プラセンタ、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチンなどが美白成分とされていますので、これらを含んだ化粧品を使ってお手入れすると良いでしょう。ハイドロキノンをいう成分を配合した化粧品も最近では発売されていますが、これはシミを消す効果が高いと言われているのでおすすめです。

 

目の下のシミを防ぐには、メイク、クレンジングなどの摩擦に注意

 

先ほども述べたように、目の下の皮膚はとても薄くて柔らかいです。摩擦による刺激でもメラニンが生成され、シミになる可能性があるので注意が必要です。目の周りに念入りにメイクをすることがありますが、メイクをする際に指などで擦ったりするのも刺激になります。夜はメイクを落として洗顔するかと思いますが、クレンジングの際もメイクをしっかり落としたいからとごしごし擦りがちです。自分では軽く擦っているつもりでも目の下は皮膚が薄いのでかなりの刺激になります。洗顔後はタオルで拭き取りますが、この時も摩擦に注意をしなければなりません。タオルでついごしごし拭き取ってしまいますが、水分は押さえるようにして拭き取るようにしましょう。いくら柔らかいタオルを使っていても、擦ると摩擦になります。目の周囲はしっかりメイクをする人もいるかと思いますが、目元専用のクレンジングを使うとか、優しく撫でるようにメイクを落とすと刺激は抑えられます。メイクをきれいに落とすのも大切なのですが、強い刺激を与えてしまうとシミの元になりますので十分注意してください。

 

目の下のシミを消すには、アルブチンやビタミンC誘導体など医薬部外品成分が良い

 

最近はいろんなメーカーから美白化粧品が発売され、選ぶのが難しくなってきています。美白化粧品の多くはメラニンの発生を抑えるので、シミの予防やできてしまったシミを薄くする効果が期待できます。美白化粧品は夏だけ使っているという人がいますが、これは年間を通じて使った方が良いものです。紫外線は一年中降り注いでいますから夏限定ではなく、毎日使うようにしましょう。目の下のシミを消す効果が期待できる成分は、ビタミンC誘導体やプラセンタ、アルブチン、トラネキサム酸などです。医薬部外品を記載されている美白化粧品を選ぶと間違いはありません。ただし、薬とは違いますので即効性は期待できませんが、継続して使い続けることにより、良い効果が見られます。長い間かかってできてしまったシミなのですから、すぐに消すことはできません。時間をかけてお手入れをし、じわじわと効果が出てくると理解しておきましょう。また、標準使用量を守るようにしてください。たくさん使えば効果が早く出るというものではありませんし、もったいないからと少なめに使う人がいますがそれも効果が出ませんので正しく使うようにしましょう。

page top