パーフェクトワン 美白

パーフェクトワン美白ジェルの口コミ!肝斑と老人性シミに使ってみた

 

30代で2人目の子どもを授かった後、とにかく自分にかける時間がなくて、気がつくと両頬に大きなシミができてしまいました。

 

なんと、肝斑と老人性のシミを併発してしまったのです。

 

周りにはシミ一つないママ友もいるというのに、大きなシミが左右に出来て外に出るのが恥ずかしい。。。

 

大きくなりすぎてファンデでも隠せないんです。

 

でもスキンケアにかける時間なんてゼロ。

 

そんな時、美白効果があり簡単ケアができるオールインワンとして、テレビで見かけたのが“パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル”です。

 

美白系のオールインワンの中でも肝斑に働きかける、トラネキサム酸が入っている点、

そして日本で一番売れているオールインワンブランド、という点に惹かれました。

 

 

パーフェクトワンの美白ジェル!薬用ホワイトニングジェルを使った私の口コミ

 

美白もしたいと思いましたが、オールインワンという事もあり、もしかしたら気休めかも・・・と期待と不安でドキドキしながら使ってみたら・・・

 

乾燥敏感肌の私でも朝まで潤う

美白用のオールインワンなので、保湿不足が心配でしたが、夏から秋にかけての使用で、肌が乾くことはありませんでした。

 

肌がトーンアップし、シミが薄くなった

オールインワンだし、さすがにシミにはどうかな....と思いましたが、

 

シミが薄くなったんです。

 

シミだけでなく、肌全体のくすみがクリーアになり、かなり透明感が出たんですよ♪

 

オールインワンだから必然的にシンプルケアになり、肌をこすらなかったのも良かったのかもしれません。

 

かなり良い調子だと思いませんか?↓

 

思っていた以上に良く、さすが、製薬会社が作った国内売り上げNo.1のオールインワンジェルだなと実感しましたよ!

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルを見る

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルのデメリット

かなり気に入っているパーフェクトワンですが、実際に使ってみて、私には合っていたけど、ちょっと気になる点もありました。

 

ひどい乾燥肌の人が冬に使うには保湿不足かも
→もともと、ひどい潤い不足の方、超乾燥肌の方は、化粧水などをプラスしたくなるかもしれません。乾燥敏感肌の私は、夏から秋にかけて問題なく使えましたが、冬に使うなら化粧水をプラスすると思います。

 

保湿効果が高いクリーム的な側面もある
さらっとしたテクスチャーのジェルですが、普段、クリーム系の使用を避けているオイリー傾向の肌の方の中には、気になる場合があるかもしれません。

 

ただ、このクリームっぽさが、乾燥肌の人には使いやすい点でもあると思います。

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルにはデメリットもありますが、これらを上回るメリットがあると強く感じています。

 

デメリットを上回るメリットあり!

ある皮膚科医の先生によると、お風呂を上がってから10分経過すると、肌内部の水分はどんどん蒸発して、“お風呂前よりも減少”してしまうんだそう。中でも、潤い不足や乾燥肌で悩んでいる方の場合は、この乾燥の速度や度合いが強いということです。

 

それは、大人のオイリー肌についても同様で、オイリーに傾く大きな原因の一つに、肌内部の乾燥(インナードライ)があります。

 

とはいえ、そう言われても、化粧水、乳液、クリームなど一般的な肌ケアのアイテムすべてを、お風呂上りの10分以内(乾燥傾向やオイリー・インナードライ傾向の方はもっと早く)に塗布することってかなり難しいですよね。

 

そんなとき、パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルなら、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パック、化粧下地と6役もこなしてくれるオールインワンだから、お風呂上りすぐに、これ一つを塗布するだけで、皮膚科医が推奨する10分以内の理想の肌ケアが完了します!

 

シミと同様に、年齢肌のお悩みとして多い「ハリの低下」には、「複合型リフティングコラーゲンEX」という7種ものコラーゲンが働くから、肌にぷるっとしたハリも出てきます。

 

だから、シミ、乾燥、インナードライ、オイリー肌、ハリの低下…。そんな年齢肌の悩みには、このパーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルがおすすめなのです。

 

パーフェクトワン“薬用ホワイトニングジェル”の最大のメリットは美白

 

このパーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルのもう一つの最大のメリットは、本格的な美白もできるオールインワンジェルである点です。

 

それは、厚生労働省が、“効果を認可した美白有効成分”=“薬用成分”が配合されているから、私の場合、使用後、肌に透明感が出てきました。その美白有効成分とは、

 

トラネキサム酸

肝斑改善の効果が認められた成分で、美容皮膚科などでも処方される成分。

 

アルブチン

ドクターズコスメなどにも使われる本格派で、シミやくすみを改善したり、色素沈着を抑制するような働きがあります。

 

といういずれも効果が高くて有名な成分。

 

私は、肝斑というシミはもちろんのこと、肌のくすみも悩みだったので、これらの成分配合ということは最大の魅力でした。

 

たった数ヶ月の使用で、肝斑が完全に消えることはありませんが、くすみが改善し、シミが薄くなりファンデーションのトーンが明るくなったことで、母からは「顔の印象が若返ったみたい。肌がきれいに戻ってきてよかったね」と言われました。薬用成分、さすがです!

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルを見る

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの他の人の口コミ

 

美容に厳しいその他の方の口コミについても調査してみたので、リアルにご報告します。

 

良い口コミ

 

2〜3週間使用しているうちに、お顔の凸凹がだいぶ滑らかになって、肌色がトーンアップしたみたいです。50代・普通肌

 

肌に入って浸透していくのがわかります。乳液やクリームなど複数の化粧品を塗るときの摩擦ダメージがなく、これ一つで済むのがとてもいい!気に入っています。40代・混合肌

 

悪い口コミ

ジェルですがベタつきは全くなく、伸びもいいのでコスパが良いです。ただ、乾燥がひどい冬場は、少し潤いが足りなく感じるときがあります。30代・混合肌

 

肌が柔らかくつるんとなるのが好きですが、乾燥気味のときは、やや物足りなさを感じます。40代・乾燥肌

 

 

肌の色が上がる、良く浸透するなど良い口コミが目立つ一方、オールインワンジェルにありがちな「潤い不足」「乾燥」といった悪い口コミもありました。

 

先ほど、皮膚科医が推奨する“お風呂上り10分以内の肌ケア”についてご紹介しましたが、すでにひどい乾燥肌の方やとても乾燥しやすい季節で、どうしても潤い不足を感じるときは、

 

化粧水 + パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル

 

というように、まずは肌内部の水分量を増やすケアを並行していくと効果的です。

 

その際に、選ぶ化粧水は、プチプラなもので十分!

 

というのも、パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルにたくさんの美容成分が配合されているから

 

手間もコストも省けるパーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは、やっぱり、私の一押しコスメです。

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルを安く買う方法

 

さて、早速、パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルを試してみたいという方のために、一番、安く買える方法を調べてみました。

 

Amazon

定価です。ポイント還元も2%程度のアマゾンのポイントがつくだけです。

 

楽天

定価です。中にはなぜか定価より1000円以上も高い価格のものまでありました。楽天ポイントも0倍〜5倍、送料も無料〜800円超えと、ショップによって、まちまちでした。

 

公式サイト

初回購入に限り、定期コースで申し込むと、通常価格の半額でお試しすることができます。これはどこよりも安いですね。送料も、もちろん無料で、パーフェクトワンの購入で使えるポイントも溜まります。それに加え、累計購入金額に応じたステージごとに10%〜20%の割引が受けられます。

 

※定期コースがどうしても不安という方は、公式サイトでも、1回限り(定価)の購入が可能です。その場合、送料無料&公式サイトならではの“メーカーに直接、相談・問い合わせができるという安心感”つき。

 

化粧品はデリケートなものだから、安心感というのは、とても大事な要素ですよね。

 

パーフェクトワン美白ジェル<薬用ホワイトニングジェル>はこんな人におすすめ

  • 忙しくても美白したい人
  • シミだけでなく、ハリ不足も気になる人
  • 日本で1番売れているオールインワンジェルブランドを使いたい人

 

パーフェクトワン美白ジェルは...

 

化粧水、乳液、美容液、クリーム、パック、化粧下地と6役もこなしてくれ、疲れた夜でも、忙しい朝でも、理想の潤いケアができます。

 

また、厚生労働省認可の“薬用成分”配合だから、下手な化粧品を追加しなくても、これ一つで美白が期待できるんです!

 

さらに、7種の大きさや働きが違うコラーゲンが、ぷるっとしたハリ肌を導きます。

 

シミもハリもとエイジングケアをしたい人に、実際に使ってみた私が強くおすすめしたいオールインワンジェルです!

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルを見る

このページの先頭へ