ビーグレン シミ トライアル

ビーグレンのシミのトライアルセットの良い口コミ・悪い口コミ

 

ビーグレンのホワイトケアトライアルセットは、たっぷり7日分を1800円で試すことが出来ます。美白効果が高く、シミ消しにも高い効果を発揮してくれると業版です。

 

そんなビーグレンのシミトライアルセットの口コミを見てみると、良い口コミもあれば悪い口コミもありました。

 

良い口コミを見ると、トライアルだけでもシミが薄くなってくるのを感じた、低刺激でハイドロキノンだけど安心して使えた、シミだけじゃなく毛穴が目立たなくなった、肌のハリ感もアップしたしアンチエイジング効果も実感できるという意見を多く見かけました。

 

特に注目すべき部分がシミを消す効果です。ビーグレンシミトライアルセットは、トライアルの段階でもシミが薄くなるという効果を感じた人もいるしょうひんです。

 

一方悪い口コミを見ていると、肌に赤みが生じた、ヒリヒリとした痛みがあった、トライアルだけでは効果があまり感じられなかった、クレイウォッシュを使ったら乾燥が悪化したなどの意見がありました。

 

ハイドロキノンをはじめ、美白成分やシミ消し成分は肌へ負担がかかるものが多いです。そのため、人によっては肌トラブルを感じてしまう可能性があります。
だからこそ、一度トライアルで肌に合うか確認する必要があります。ビーグレンシミトライアルセットだけではなく、どのスキンケアでもトライアルで肌に合うか確かめてから使うことをおすすめします。

 

Cセラムとハイドロキノンクリームが、トライアルだけでも結果を出す理由

 

ビーグレンのホワイトケアトライアルセットに含まれているCセラムとハイドロキノンクリームは美白効果が高く、トライアルの7日間だけでも美白効果やシミ消し効果が実感できたという人が沢山います。

 

なぜここまで効果が高いのかというと、CセラムにはピュアビタミンCが、ハイドロキノンクリームにはハイドロキノンがビーグレン独自のQuSome化して配合されているからです。

 

どちらも美白効果がとても高い成分ですが、ピュアビタミンCは肌への浸透率が悪く、ハイドロキノンは配合量が多すぎると肌への負担が掛かりすぎる成分です。
そのため、独自の浸透テクノロジーを使い、少量でも肌の奥に入り込み浸透し高い効果を実感できるように作りました。

 

このおかげで、Cセラムもハイドロキノンクリームも短期間で高い効果を実感します。即効性を重視したいのであれば、ビーグレンのホワイトケアトライアルセットが一番です。

 

ビーグレンのトライアルセットで効果が出やすいシミと効果が出にくいシミ

 

ビーグレンのトライアルセットは、出来たばかりの薄いシミを消す効果がとても高いスキンケアです。そのため、紫外線や老化が原因で目立ってきたばかりのシミ、輪郭がぼやけていて薄茶色をしているかんぱん、日焼けや傷やニキビが原因で出来た色素沈着であれば、ビーグレンのトライアルセットで効果を実感しやすいでしょう。

 

その反面、濃くなってしまったシミや幼少期からあるシミ、膨らんでいたりざらつきのあるシミはスキンケアだけでは改善することが難しいシミです。

 

もし、ビーグレンのトライアルセットでシミを改善したいのであればシミが気になったその瞬間から使い始めることをおすすめします。
ビーグレンのスキンケアのシミ消し効果はとても高いですが、シミは濃くなればなる程どんどん改善が難しくなってしまいます。
薄い状態であれば、ビーグレンのトライアルのみでも消すことは難しくありません。

 

ビーグレンのシミケアを使う際の注意点

 

ビーグレンのシミケアを使うときは、最初は少量ずつ使うよう荷しましょう。

 

シミケアスキンケアの中でも特に効果の高いCセラムとQuSomeホワイトクリーム1.9は、肌への刺激も強いスキンケアです。肌に負担が掛からないように極力加工はしていますが、それでも肌トラブルが起こる人もいます。

 

CセラムはビタミンCが高濃度配合している美容液で、QuSomeホワイトクリーム1.9は肌への負担が大きいハイドロキノンが配合しているクリームです。最初のうちは、塗ったときに肌にピリピリとした痛みや刺激を感じる可能性があります。
我慢できる程度の軽い痛みであれば問題ありませんが、もし刺激が不安な場合は量を調節するか、二の腕の裏などでパッチテストをして見ましょう。
二の腕の裏などの柔らかい部分でパッチテストをして、肌荒れや炎症などが起こらなければ顔にも安心して使えます。

 

また、CセラムとQuSomeホワイトクリーム1.9は美白に特化したスキンケアなので肌トラブルが起こっている間は使わないようにしましょう。
ビタミンC配合のCセラムを使えば肌荒れがすぐ治ると思う人もいるかもしれませんが、美白に特化して作ったスキンケアなので肌への刺激が強すぎて肌荒れが悪化する可能性があります。

page top