体験談!即日キャッシングから債務整理までの流れ

私は、以前に金銭的に厳しくなり即日キャッシングをお願いした経験があります。でもやはり返済が厳しくなり、どうしようもなくなったので債務整理を依頼しました。今回は、そんな私の実体験から、即日キャッシングから債務整理までの流れを紹介します。

【ほぼ無職からのキャッシングスタート】

当時私は、籍だけはアルバイト先にあるもののほとんとアルバイトには行っていないという、ほぼ無職くらいの状態でした。そんな状況でしたが、特別に家が裕福というわけでも無かったので、当然生活は厳しくなります。ましてや音楽もやっていたのでどんどんお金はなくなりました。そんなある日、突然お金が必要になりました。でも手元にお金はありません。そこで私は、即日キャッシングを決意したのです。

いざネットから申し込むと、ほぼ無職の私であってもなんの問題もなくかりることができました。インターネット経由で申し込み、それから電話でATMを案内されて、ATMの電話口でやり取りをして、そのままあっさりと即日キャッシングできました。特別職業について突っ込まれることもありませんでした。給料日や月給など、そんなことをいくつか質問されたくらいです。

【あっという間の増額】

そうして無事にキャッシングをできて難なくそのピンチをのりこえました。その時点ではまだ限度額が20万円だったのですが、それから1年2年くらいの間に、向こうサイドからなんどか電話で「増額しませんか?」と言われて、その度に私はその提案を受け入れ、お金を持った気になって使ってしまったりしていました。最終的には限度額は50万円になりました。さすがにそのころには無職ではなかったのもの、収入は多くはなかったので、借りれれば借りるほどに返済はきつくなりました。

【返し終わる気がせず債務整理へ】

きちんと返してはいましたが、それでも利子ばかりで全然減りません。私はそれが辛くなり、任意整理をお願いするべく司法書士法人へでかけました。そこでは、軽く面談をして、消費者金融側と連絡を取ってくれ、あっさりと利子以外の返済のみで良いという話をつけてくれました。即日キャッシングでお世話になったので、そうして任意整理で終わらせるというのは、どことなく申し訳ない感じがしましたが、自分の人生の為だと思い、そのまま話を進めることにしました。

計画性をもってかりるのが正解

そうして、今は利子以外の返済が続いています。即日キャッシングはすごく助かる制度ではありますが、CMでもやっている通り、計画性をもって借入しないと、私のように後で色々と焦ることになることは確実です。しっかり考えて利用するべきですね。

キャッシング・カードローンなら消費者金融の【プロミス】公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です